教員紹介

高橋 弘司

高橋 弘司 TAKAHASHI Hiroshi

専門分野
ジャーナリズム論、マスコミュニケーション論、国際政治(主に中東、国連)、難民問題

学生へのメッセージ:
学生のみなさん! 新聞やテレビ、週刊誌などマスメディアは何のためにあるのでしょう。日々のニュースを人々に届けるため、という当たり前の目的以外に、マスメディアには「社会の問題点をあぶり出し、ニュースの背景を分析し、将来を見通す」という重要な役割があります。しかし、東日本大震災に伴う福島第1原発事故で、新聞やテレビが政府や東京電力の誤った情報に翻弄されたことなどから、深刻なマスメディア不信が起こっています。その一方で、社会を少しでもよくしようと多くのジャーナリストが地道な努力を続けているのも事実です。

学生のみなさん!まずは新聞やテレビなどマスメディアが報じるニュースに日々、丹念に目を通すことから始めましょう。時間の許す限り、複数のメディアをチェックし、その報じ方を比較し、「ニュースの見方」を学び、「価値観の相違」を知ることが大切です。

その上で、興味をもった現場に足を運んでみましょう。その場の空気を自分で吸い、肌で感じることが重要です。ニュースに登場する人物や関係者の話に耳を傾けつつ、自分の頭で考える習慣を身につけましょう。ネットの発達で誰もが情報発信できる時代になってきました。それだけに、自分の目と耳で情報をキャッチし、分析し、考えることがますます必要となっています。