教員紹介

大須賀 史和

大須賀 史和 OSUKA Fumikazu

専門分野
哲学・倫理学

学生へのメッセージ:
 人が暮らす世界は同じ一つの地球の上にあり、人間も生物種としては同じ一つの生き物であるように思われます。ところが、世界を見渡せば人の考え方や暮らし方には実に大きな多様性があります。

 そして、多様であるにもかかわらず、やはりそこには同じ「人らしさ」があるとしか思えないという意味で、大きな共通性、あるいは普遍性もありそうに見えます。

 言わば、人は「同じ」人間でありながらも、具体的に見れば「多様」であり、そしてその「具体的な多様さ」の中に「共通性」、「普遍性」を内包した存在です。この「一」でありつつ、同時に「多」でもあるものの存在は古代ギリシアの時代から強い関心の対象になっていました。

 しかし、未だにこの「人間」という存在は謎だらけであるように思えます。もしかすると、それは永遠に解けない謎であるかもしれません。であるからこそ、「人間」はいつの時代にも、どんな社会においても最大の知的関心の対象だったのではないでしょうか。

 汝自身を知れ。

 この神託は、実は人として生まれた我々自身の欲望であり、期待であり、夢なのではないでしょうか。