教育について

スタジオ紹介

ツーリズムスタジオ(文化と景観)

小宮 正安

景観、街道、イヴェント、フェスティヴァルなどを通じて、日本と諸外国(特に観光立国の多いヨーロッパ)との観光政策の比較をおこない、これからの時代における新しいツーリズムのあり方を考察し、最終的にはツアーのプランニングや試行をはじめ何らかの問題提起をします。

秋学期の最初のオムニバス必修授業で話をする「モーツァルト都市『ザルツブルク』の戦略」のような視点から、観光(さらにいえば文化や社会)とは何かということを考えたい人も大歓迎。具体的な成果はブログ、小冊子、展示発表の等々の形で広く発信してもらうので、企画力や実現力に富み(あるいはそれを身につけたい)、額に汗することを厭わない学生を望みます。

<履修上の留意点>
スタジオⅡとⅢを通年で履修することを前提としてスタジオ運営を行います。


『福井再発見ツアー』の途上にて