教育について

スタジオ紹介

未来構想スタジオ

長谷部 英一

このスタジオでは、東洋の思想、主に中国の思想を中心とした文献の講読を行い、それをもとに互いに議論し、各自の思考の幅を広げていくことを目的とします。
中国の思想は、常に現実社会とのつながりを重視したものといえます。儒教は道徳でもって、法家は法律でもって現実と向き合い、道家はそのアンチテーゼとして無為を唱えるなど、東洋思想の奥深さは多様です。
もちろん西洋的な発想を否定するのではなく、そこに東洋的な発想を取り入れることで、新たな未来が構想できる可能性があるのではないかと思います。たとえば中国の伝統的医学は、現在でも鍼灸や漢方として一定の役割を果たしており、それは決して役に立たない過去の遺物などではありません。『論語』の中に「温故知新(古きをたずねて新しきを知る)」という言葉がありますが、過去の思想を知ることは無駄なことではありません。ただし、古典を読むということは楽なことではなく、かなりの訓練が必要です。このスタジオではこの点でもじっくりと訓練したいと思います。