教育について

スタジオ紹介

都市生活デザインスタジオ

安藤 孝敏・松行 美帆子

まちづくりとは、そのまちとそこで暮らす住民の生活の質を向上させるために、様々な活動や施策を組み合わせて行い、都市の生活をデザインしていくことです。
都市生活デザインスタジオでは、横浜市内のある地区をフィールドとし、社会調査の技法(関係者へのヒアリング、アンケート、統計データの分析など)とまちづくりの技法(ワークショップ、SWOT分析、ステイクホルダー分析など)を用い、地域の関係者と協働して、まちづくり活動を行っていきます。
具体的には、まず、最初に地区周辺のまちあるき、関係者へのヒアリング、関連資料の読み込みなどにより、その地区のかかえる課題を明らかにし、その課題への対応策への提案、具体的な解決のための活動などを行っていきます。
なお、スタジオの時間は進捗状況の報告が主になるため、スタジオ時間以外での作業が必須となります。
また、フィールドでの調査のために、土曜日もしくは日曜日にスタジオを行うこともあります。