教育について

ゼミ紹介

大須賀ゼミ〔哲学・倫理学:主としてヨーロッパの哲学・倫理学〕

前半は参加者の関心に応じていくつかの領域に関する本を読むことから始めます。後半は基本的に各人で取り組むテーマを設定してもらい、それに関連する書籍や論文の読解と、それに基づくプレゼンテーションやディスカッションなどを行っていきます。その過程で構想力や表現力を高め、卒業研究につなげていくことを目指します。

<履修上の留意点>
哲学や倫理学の研究は、自分が興味や関心を持つ問題を徹底的に探求することによって初めて意味を持つようになります。考えるためのヒントや手がかりは本の中にもたくさんありますが、答えもそこにあるとは限りません。自分自身はもちろんのこと、他者の理解や共感が得られるかどうかも重要です。自分の内にあるものと外にあるものを徹底的に対話させるようにして思考を鍛えることで、初めて自分も他者も納得させられるような何かが見つかる可能性が生まれます。それによって、単なる知識だけでは生み出すことのできない構想力と表現力への扉が開かれるでしょう。とはいえ、中には自分の存在そのものを脅かすような問題もあるかもしれません。適度な距離感をもって客観的に問題を捉える力も必要になります。

<その他>
4年生の卒論ゼミは月曜5限です。