教育について

ゼミ紹介

松行ゼミ〔都市計画・まちづくり〕

都市計画、まちづくりといっても空間的(ハード)なことから、地方活性化といったソフトなことまで扱います。今後の人口減少、少子高齢化時代に、どのように住みよい、魅力的なまちにできるのかを一緒に考えていきたいと思います。日本の都市計画・まちづくりだけではなく、欧米や開発途上国の都市計画・まちづくりに関しても、参加者の関心にあわせて勉強していきたいと思っています。(ただし、卒論で海外調査を行う場合は、相応の能力・覚悟・金銭的負担が必要です)
テーマ例:中心市街地の活性化、景観の保全、観光、安全安心のまちづくり、災害からの復興、交通まちづくり、環境共生型のまちづくり、高齢化社会のまちづくり、グローバリゼーションと都市の変容、スラムのまちづくり、開発援助による都市の変容

<履修上の留意点>
「異文化理解の技法 1B」をすでに履修していることを本ゼミ履修の条件とします。

<その他>
スタジオⅣⅤとゼミは連動します。スタジオは社会調査士 G 科目に対応します。2014 年度はスタジオとして、月 1 回ほどまちづくりの現場の見学に行きました。(研究室HP 参照:http://iucp.net)受講者には社会調査士関連科目(の少なくても一部)の履修を義務づけます。