教育について

ゼミ紹介

清田ゼミ〔[精神分析]あるいは[セクシュアリティ]あるいは[サブカル]〕

精神分析をベースに、現代文化について考察する。対象はジェンダー、サブカル、ネット、SNS,文学、映画、演劇、音楽、ファッション、メンタルヘルス、とあらゆる領域にわたる。対象が何であれ、「男であれ女であれ『女をめぐる戦い』から自由になることはできない」(斎藤環)との世界観のもとに、各自思い思いの「無意識」の探求に勤しみ、議論、レポート、卒業論文を通して成果を競う。

<履修上の留意点>
「編集・批評スタジオ」とは別物と考えてください。これまで「編集・批評スタジオ」を履修していない学生もおおいに歓迎します。ただし、ノルマはハードで、各学期の課題レポートにくわえ、毎週500〜1000字のコメントやレビュー、ブログなど、たくさん文章を書いてもらいます。マスコミやメディア関係の仕事に就きたい学生にはとても役立つゼミですが、この業界は競争も厳しいので、生半可な気持ちで臨むとあとで痛い目にあいます。とはいえ、ゼミ自体は欠席を惜しむほど、笑いの絶えない楽しいゼミです。事前の見学をお勧めします。