教育について

ゼミ紹介

川添ゼミ〔国際横浜学、都市文化史〕

1 横浜形成史・横浜構想論

2 都市文化史・文化資源学

が演習の柱となります。前近代の日本があって、それが横浜を最初の基点として世界に開け、いわゆる「近代化」「国際化」をしていきます。わたしたちが生きる「現在地」は、突如として存在するわけではなく、歴史的に形成されてきたものです。その意味では、未来を構想するためにこそ、これまでの社会と文化のプロセスを知っておくことが重要です。そうした社会文化史を背景に、横浜という都市の存在の仕方や特徴・優位点・問題点、また国際世界における日本の社会・文化の特性などを、実地調査や比較文化の視点も入れながら具体的に考え、将来の社会を構想していきたいと思います。また、20年余りを出版マスコミで過ごしてきた者として、表現実践にも力を入れたいと思います。

<履修上の留意点>
ゼミの時間以外にも、自主的に研究や調査を進めてください。社会に出ることを見据え、自分で問題を発見していく習慣を身につけてください。

<その他>
・春学期は3・4年生合同でゼミをおこなう予定。
・スタジオIV、Vはゼミと連動し、また社会調査士関連科目Gに対応の予定。
・「もっと横浜」プロジェクトの種々イベントとも連動の予定。