教育について

ゼミ紹介

藤掛ゼミ〔国際協力論・開発人類学スタジオ・パラグアイ地域研究〕

国際協力やNGO実践、貧困や格差、社会企業、南米などに強い興味関心を持っている方を対象とします。
他者を「支援」することにはどのような意味があるのでしょうか?現在の資本主義システムの中で生きる私たちが考える「当たり前」のことは本当に当たり前のことなのでしょうか?途上国や東日本大震災後の復興の「場」で生きる人々の日常に向き合い、「主流」の学問の中で見過ごされている複層的な問題に目をつぶることなく、立ち止まって考え、批判的な視点から分析してみたいと思います。そして、自らできるアクション(例:NGO活動、フェアトレード、社会企業/起業など)についても議論を行います。ゼミはスタジオと連携する予定です。国内外におけるフィールドワークは夏休みに実施することを前提とし、前期は論文輪読をしながら調査手法について学びます。後期はフィールドノーツのまとめを行い、後に論文の一部となる(であろう)報告書の作成を行います。

<その他>
教室での演習以外に国際協力やNGO実践に自ら関わったり、国外の方々と交流したりする機会もありますので積極的に関わって下さる方が望ましいです。

<備考>
スタジオは社会調査士関連科目Gに対応。受講者は、2年次開講の「国際学IC:経済開発論」を履修していることを原則とします。


教員による講義、国際協力や「ジェンダーと開発」、フィールドワーク、支援とは何か、ラテンアメリカの発展の系譜など様々な角度から講義を行います。


輪読を行ったり、海外の学生たちと交流・議論を行ったりします。