教育について

ゼミ紹介

安藤ゼミ〔社会老年学、ジェロントロジー〕

ゼミでは、高齢社会の現状とこれからのあり方について、さまざまなテーマを取り上げて検討・議論します。その時々でいろいろですが、今年度の演習Ⅰ・Ⅱでは『「買い物難民」をなくせ!』『限界集落の真実』を読み、高齢社会における現代的な課題とその取り組みについて考えました。この演習の内容と関連させて、3年次スタジオは地方都市でのフィールドワークとヒアリング調査(出雲市、鳥取市、米子市の3か所)を行い、「買い物支援」「地方都市再生」という具体的な事例について理解を深めました。読み込んだ本や参考となる調査資料から得た知識と具体的な取り組みの事例を関連付けて課題を深く理解できるよう、演習とスタジオの内容を連動させて運営しています。来年度も「買い物支援」「地方都市再生」というテーマを取り上げる予定です。また、フィールドワークは富山市と金沢市を考えています。


米子市の中心市街地活性化(米子方式)によるまちづくりの見学・Qビル


トスク株式会社が実施している移動販売車による買い物支援事業

<履修上の留意点>
ゼミには、明確な問題意識をもち、主体的に取り組むことができる人、協力して作業することができる人、メンバーと学び合う意欲のある人の参加を望みます。

<その他>
スタジオⅣ・Ⅴは社会調査士関連科目Gに対応。