教育について

ゼミ紹介

松行ゼミ〔都市計画・まちづくり・国際開発支援(都市地域開発分野)〕

<演習の概要>
各自の関心に会わせて 1. 日本のまちづくり・都市計画、2. 開発途上国の都市開発と開発支援、の2班に分かれて、調査・研究を行う。ただし、ゼミは2班合同で行う。3年時には、各分野で参加者の関心のあるトピックに関して、論文や文献の講読、現地訪問などを行い、課題の発見を行う。
トピックの例としては下記のようなものがあるが、基本的に参加者の関心により扱うトピックを決める
1. まちづくり・都市計画への市民参加、中心市街地の活性化、景観の保全、観光、安全安心のまちづくり、災害からの復興、低炭素都市づくり、高齢化社会のまちづくりなど
2. スラムの居住環境整備、開発途上国の社会階層の変容と都市への影響、開発援助による都市地域社会への影響、開発援助における環境社会配慮など

<履修上の留意点>
スタジオⅠ~Ⅲで都市生活デザインスタジオを履修している必要はないが、1.については「異文化理解の技法1B」、2.については「国際開発支援概論」を履修していることが望ましい。

<その他>
ゼミへの出席以外に、時間外での活動が必要。

<備考>
希望者が多ければ、タイへのフィールド・トリップを検討。


月1回ほどまちづくりの現場へ見学に行っています