教育について

ゼミ紹介

松原ゼミ〔歴史学、政治文化史、ジェンダー論、アメリカ社会論〕

いま、日本社会は行き先を見失ったかのようです。どこにいるのかすら覚束ない様子で、誰かなんとかしてくれとすぐに救い主を探したりします。右肩上がりを当然視できた頃に慣れすぎて、現代社会を位置づけるための軸を手放してしまったのでしょう。歴史学の方法を取り入れて、軸を鍛え直してみたいと思います。現状で諦めたくないなら、「まぁ世の中こんなもの」と思うときの前提に切り込む練習もしてみたいところ。

じっくり本を読みながら、ああでもないこうでもないと議論できる場をつくりたく。ひろくあれこれと考えたい色々な人の参加を期待します。

参考までに、時々(ごくたまに)更新する研究室のブログページ:http://319.air-nifty.com/

なお、2012年度に続いてカリフォルニア遠征をやるかも(希望者のみ)。