教育について

ゼミ紹介

大須賀ゼミ〔哲学・倫理学〕

ヨーロッパの近代哲学(特に社会哲学や政治哲学)、あるいは様々な倫理学のテーマを研究対象として、具体的な問題を取り扱う中で構想力や表現力を高め、卒業研究につなげていくことを目指します。基本的に各人で取り組むテーマを設定してもらい、それに関連する研究書や論文の読解と、それに基づくプレゼンテーションやディスカッションなどを行っていきます。また、課外での見学会や資料調査の実習なども適宜取り入れます。

<履修上の留意点>
哲学や倫理学の研究は、自分の中にある興味関心を徹底的に追求することによって初めて意味を持つようになります。考えるためのヒントや手がかりは本の中にもたくさんあると思いますが、答えもそこにあるとは限りません。一方で、自分の関心のあるテーマについて考えるとしても、安易に答えを出すことが目的ではありません。自分自身はもちろんのこと、他者の理解や共感が得られるかどうかも自らの考察の強度を測る物差しになります。自分の内にあるものと外にあるものを徹底的に対話させるようにして思考を鍛えることで、初めて自分も他者も納得させられるような何かが見つかる可能性が生まれます。それによって、単なる知識だけでは生み出すことのできない構想力と表現力への扉が開かれるでしょう。

<その他>
後期からはスタジオとゼミの時間を合わせて2コマで行います