教育について

ゼミ紹介

茂木ゼミ〔音楽学・演奏実践〕

いわゆるクラシック音楽を中心に、ベートーヴェン、モーツァルト、バッハなど音楽家たちの芸術、生涯、恋愛など様々な面を調べ、彼らの音楽を鑑賞、歌い弾くなど生きた体験をしつつ、現代の有意義な演奏、再生方法を学びます。春は主に私から音楽作品の分析方法や生涯の調査方法、コンサートや再生メディアでの提示方法を示し、秋は学生諸君の発表を中心にします。

<履修上の留意点>
楽譜を読み歌い、演奏できる楽器は奏するなどして、音の動きや響きの体験そのものから音楽美を考える作業が重要です。授業時以外にも、私や関係者、受講生諸君が学内外で催すユニークなコンサートやイベントに極力参加して、サークル活動等とは異なる、広い一般社会での音楽活動の難しさと喜びを深く味わい「音楽とは何か」省察して頂きます。

<その他>
すでにウィーンやパリで行なった海外での演奏公演を来年度実施すれば(次元が異なるほどの感動体験を味わって頂きたく)希望者に参加してもらいます。

<備考>
スタジオが実践中心であるのに対しゼミは実践や響きに基礎を置きつつも、理論を中心に受講生諸君が社会人になったときに身に付けておくべき芸術音楽の見識を深めて頂きます。なお、夏には信州などで音楽合宿を予定。


ゼミの風景:クラシック音楽や作曲家について調べ、音楽に現れる人生観、恋愛観、それに世界観や宇宙観など探っています。