教育について

ゼミ紹介

室井ゼミ〔哲学・美学芸術学・記号論・情報文化論・美術史学、その他いろいろ〕

来年度もまた横浜都市文化ラボの活動を展開する中で、セミナー、ワークショップ、アーティストとの共同制作、アートフェスティバルへの参加などさまざまなことを行いますので、それらに参加・協力してくれる人を求めます。それらの活動がないときには、各人の興味関心に合わせて、芸術、文化、哲学、美術史研究などに関する論文やテキストを読み込む練習を行います。毎回担当者がテキストを翻訳、要約、問題点を摘出すると共に、他の参加者は参考文献を読みこみ、その発表にディスカッサントとして参加する形を取ります。学期末にはその研究発表に基づいた一万字程度の報告書を提出します。演習IIも同じ。

<履修上の留意点>
演習だけではなく、横浜都市文化ラボのさまざまな活動や事業に積極的に関わってくれる学生を求めます。そのかわり、アルバイトやサークルだけではない「本当に面白い」大学生活を送ることができるように、ぼくも努力します。

<その他>
スタジオIV、Vは演習と連動しています。したがって、最低2コマ/週分のタスクがあると思って下さい。ゼミの時間だけでは充分ではありません。

<備考>
必ず会いに来て、卒業までに自分が何をやりたいかを話して下さい。まずはそこからです。