教育について

ゼミ紹介

平倉ゼミ〔芸術論・知覚論〕

20世紀以降の視覚的芸術の問題を、特に知覚的な観点から考える。理論講読と作品分析を並行して行う。
理論講読:前期は知覚の哲学/心の哲学、後期は20世紀後半以降の芸術理論から一著作を取り上げて読む予定。
作品分析:作品を観察・分析する方法を実践的に学ぶ。

<履修上の留意点>
テキストは英語を使用。

<その他>
寝ても覚めてもご飯を食べていても芸術(と哲学)のことばかり考えている人に向いています。細部を大事に。課題は多いです。