教育について

カリキュラム/履修のイメージ

濃密な専門科目=芸術文化と社会文化:

専門科目群は履修の目印として、大きく2つのコースからなっています。スタジオ科目での実践と結びつけながら、充実した科目群がみなさんをサポートします。

◎ 芸術文化コース

創造都市横浜からひろがる芸術・メディア文化の創造と発信
アクチュアルで刺激的な芸術・メディア文化を目指し、先端的な文化理論 や現代思想の知に基づきながら、創造の現場の傍らに立ちつつ、その歴史と現在を深く実践的に探求していきます。

◎ 社会文化コース

国際都市横浜からはじめる社会・文化の把握と問題解決
複雑多様化するグローバル世界の現在と過去の理解に基づきながら、異文化の<間>に立ちつつ、今日の国際社会や諸地域の文化が抱える多元的な状況について実践的に思考していきます。


実践型のスタジオ科目:

スタジオ科目では「自分たちで創り出す/社会のなかで活かす」ことを目標に、学生と教員が協働して課題を設定し、実際の現場で研究・調査や取材・制作を重ねながら社会への発信を図ります。「アクティビティ」に掲載しているプロジェクトと連動したスタジオも多数あり、1年次の秋学期から3年次の秋学期まで5度の学期をかけて課題を完成させる斬新な少人数制のプログラムです。


知への扉を開く基礎科目:

人間文化課程専任スタッフが担当する全学部共通の教養科目で、1年次での受講が義務付けられています。大学で学ぶとはどういうことなのか、人間文化を深く学んでいくために何が必要なのかというテーマの下、無限の魅力を秘めた知の世界へあなたを押し出してくれます。