入試ガイド

教員インタビュー 2012

藤掛洋子 受験を考えているみなさんへ 人間文化課程教授/国際協力スタジオ担当

みなさんは大学に入って何を学びたいですか? いろいろなことを学びたいけれど...と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。私自身も高校生の頃、自分の進路を明確に決めることはできませんでした。「世界とつながりたい」というぼんやりとした思いはありましたが、結局答えは見つかりませんでした。その後、いろいろな勉強と経験を積み重ね、青年海外協力隊や国際協力機構(JICA)の専門家として、南米のパラグアイやペルー、中米のグアテマラやホンジュラス、北アフリカのチュニジアなどで住民の生活改善プロジェクトに従事したり、貧困地区に学校を建設したり、女性や子ども、先住民族のための法律をつくるといった国際協力の仕事に恵まれ、20年間関わってきました。
人間文化課程では、社会のこと・世界のことを幅広く、そして深く学ぶことができます。学べる領域は情報文化論、芸術学、現代思想、サブカル論や社会学、文化人類学、開発人類学、政治学、歴史学、ジェンダー学など多様です。本課程で展開されている多くの学問に触れ、スタジオという実践的な教育に主体的に参加し、国内外でのフィールドワークでのカルチャーショックを通じて、きっとあなたのやりたいことを見つけ出すことができるのではないかと思います。