人間文化課程とは

コンセプト・特色:人間文化課程とは?


©JAXA

これは、宇宙から見た地球の写真です。

約46億年前に地球が生まれ、40億年前には既に原初生命が誕生していたと考えられています。その後生命は進化を続け、その過程の中で大部分の生物種は絶滅し、残ったものも大きく姿を変えていきました。

現存種の「人間」が地球上に出現したのは地球の歴史の中ではほんの数万年前のことにすぎません。都市を築き、文明が始まるのは約一万年〜数千年前その一瞬の中で人間は道具や火を発明し、地下から鉱物資源を掘り出し、自然を加工し、乗り物や武器を生み出し、さまざまな形の国家や社会の形態を作り出してきました。また、文字を発明し、複雑な音楽や美術や建築を作り、文化を記録するメディアを生み出してきました。その中には自らの生存すら脅かすような核エネルギーや、大規模な地球規模での戦争も含まれています。

「大学はすべて、ますます細かく専門化するように組織されてきた。専門化は当然であり、不可避であり、望ましいことだと社会は思いこむ。しかし、小さな子どもを観察してみればいい。子どもは何にでも興味を持ち、たえず増殖していく経験の資産を、自ら習得し、把握し、統合させていく」。

これは、アメリカ出身の思想家であり、「宇宙船地球号」(Spaceship Earth)という概念を提唱したバックミンスター・フラーの言葉です。人間文化課程はこのような大きなスケールの観点から「人間」と「人間の生み出したもの」について探究していこうとする課程です。その探究の中には「文化」や「社会」ばかりではなく、それら以外のものについての探究も含まれています。そこがちょっと他の大学の他の学科とは違っているのではないかと、私たちは思っています。

……皆さんも人間文化課程の門を叩き、自分を超えるための第一歩を踏み出してみませんか? 日本有数の自由なエネルギーに満ちた教員たちと、元気でやる気に満ちた学生たちが、あなたを待っています。